政策創造研究教育センター

創造研究教育センター

地域課題解決を支援する大学シンクタンク

 平成19年4月、熊本大学は、地域社会とのインターフェイス機能を果たしてきた政策創造研究センターと生涯学習教育研究センターを統合し、大学シンクタンクとしての機能をより強化するために政策創造研究教育センターとして新たにスタートしました。
  熊本大学で行われている研究・教育の成果を、よりよき社会をつくるために総動員することで、地域課題を解決するための政策研究を行い、その成果を提言するとともに、課題を解決するための技術開発・提供を行います。例えば、自治体経営や地域政策の検討、地域の活性化、防災、都市計画、公共交通、健康福祉政策、環境保全、産業振興など、幅広い分野の課題について取り組みます。
  また、これからの地域社会を担う人材を育てるために、学内及び学外の関係機関と連携し、熊本大学が持っている人文・社会科学系、自然科学系、生命科学系の各分野における教育研究成果を活かした生涯学習を積極的に推進します。

ページの先頭へ戻る

 

 

設立目的

 2007年4月、熊本大学は、地域社会とのインターフェイス機能を果たしてきた政策創造研究センターと生涯学習教育研究センターを統合し、機能をより強化するために政策創造研究教育センターとして新たにスタートさせました。
  熊本大学で行われている研究・教育の成果を、よりよき社会をつくるために総動員することで、地域課題を解決するための政策研究を行い、その成果を提言するとともに、課題を解決するための技術開発・提供を行います。例えば、自治体経営や地域政策の検討、地域の活性化、防災、都市計画、公共交通、健康福祉政策、環境保全、産業振興など、幅広い分野の課題について取り組みます。
  また、これからの地域社会を担う人材を育てるために、学内および学外の関係機関と連携し、熊本大学が持っている人文・社会、自然、生命科学の各分野における教育研究成果を活かした生涯学習を積極的に推進します。

センター活動の特色

  1. 文理融合による地域政策課題解決の推進
  2. 市民・地域の知的水準向上のための生涯学習事業
  3. 安心で豊かな持続可能社会の形成に関するプロジェクト研究の推進
  4. 市民との共同研究の推進
  5. 大学における教育研究の質の向上
  6. 地域のニーズに迅速に対応

以上の活動を通じて、課題探求・解決能力に富んだ地域人材の育成や、大学という学術研究機関の特色を活かした政策提言を行っていきます。

ページの先頭へ戻る

 

概要・組織図

事業概要

  • 地域社会の課題解決に関する総合的な調査研究およびその研究成果に基づいた政策提言
  • 地域社会の課題を積極的に解決するためのプロジェクトの構築および実施
  • 生涯学習に関する研究およびその成果を生かした系統的、継続的な公開講座等の企画および実施
  • 熊本大学が有する硬度で専門的な学術に関する教育研究成果の地域社会への還元
  • 地域の教育関係団体および機関との連携教育
  • 地域政策の担い手となる人材育成
  • 行政機関および地域との連携を計画中又は、すでに実行している企業・諸団体からの委託に基づく調査研究
  • センターの業務に関する広報活動
  • 自治体からの政策研究員の受け入れ

センター組織図

ページの先頭へ戻る