産業

知恵を出し「業を産む」取り組みを。

少子高齢化、人口減少、経済不況、デフレ、グローバル化による競争激化など、現代社会を見渡すと負の材料が注目されがちです。そんな時こそ、知恵を出し「業を産む」ことに取り組むことが重要であると考えられます。政創研は、これまで中山間地域の芦北町と関わりながら、小さな産業づくりを支援してきました。「産業」といっても多面的であり、また他の分野と深く関わることでもあります。今後も産業に関する研究に、広い視野をもって取り組んでいきます。

取り組み事例

山間地の集落機能維持システム構築のための政策研究

山間地の集落機能維持システム構築のための政策研究平成17年から21年度まで熊本大学LINK(Local Initiative Network Kumamoto)構想の下、取り組んできた学内共同研究です。人口減少や高齢化などの社会変化が深刻な山間地集落の条件不利性の問題について、小さな産業づくりや、住民間の社会関係資本の増加、生活交通の確保などについてフィールド調査による研究を行い、集落機能維持システムの構築のための政策提言を行うことを目的として研究を推進しました。