防災

災害に強い社会づくりを考える。

平成23年の東日本大震災を契機に、日本人の防災・減災の意識は高まっています。政創研では、これまでも物理学者・寺田寅彦の言葉「適切に怖がる」ことを市民社会に根付かせるための取り組みを、工学部の研究者と協働で取り組んできました。自然災害自体を食い止めることは、私たち人間には不可能ですが、被害を最小限にとどめるための準備はできるはずです。今後も研究・実践を通して、ハード面の準備はもちろん、減災に欠かすことのできない平時の人どうしのつながりといったソフト面にも配慮された、災害に強い社会づくりに取り組んでいきます。

取り組み事例

地域水害リスクマネジメントシステムの構築と実践

地域水害リスクマネジメントシステムの構築と実践平成20年から平成21年度にかけて、熊本大学LINK(Local Initiative Network Kumamoto)構想の下、取り組んだ学内共同研究です。住民参加型の水害リスクマネジメントの手法を確立するため、災害情報発信システムと洪水・避難シミュレーションなどリスクコミュニケーション支援システムを統合化した地域水害リスクマネジメントシステムを構築し、地域コミュニティの視点に立って、「水害に対して安全・安心な地域社会」を実現する具体的な実践システムを熊本大学から地域社会へ提供することを目指しました。