創造人

河村洋子

河村洋子

座右の銘

困難のない人生は無難な人生、
困難のある人生は有り難い人生

父からの年賀状に記されていた言葉です。大変な時に前向きに考えるのは、心がけていてもできないことが多い。だからこそ、心に刻んでおきたい言葉です。

学位

博士(健康教育およびヘルスプロモーション: PhD in Health Education and Promotion)アラバマ大学バーミングハム校公衆衛生大学院(アメリカ合衆国)

公衆衛生学修士(Master of Public Health))アラバマ大学バーミングハム校公衆衛生大学院(アメリカ合衆国)

主な経歴(職歴)

2004年07月

アラバマ州立大学公衆衛生大学院BODYLOVE Dissemination Project
プロジェクトコーディネーター
2007年02月 ベネッセ教育研究開発センター研究員
2008年04月 厚生労働省第3次対がん総合戦略事業におけるリサーチレジデント
2009年08月 熊本大学政策創造研究教育センター准教授

専門分野

健康教育学、ヘルスコミュニケーション、
ヘルスプロモーション

所属学会

日本公衆衛生学会、日本健康教育学会、American Public Health Association、American Evaluation Association

E-mail

kawamura@kumamoto-u.ac.jp

 教員の詳しい情報は、熊本大学研究者情報で。

熊本大学研究者情報サイトより、
各研究者名をクリックしてご覧ください。

上記サイトの中段「教員が所属する組織」の中の「政策創造研究教育センター」 を選ぶと、研究者名一覧がございます。

 

私の専門は「ヘルスコミュニケーション」。いかに健康的な行動を促すかを研究する実践的な領域です。現在は、地域の方々と協働で、若い世代の人たちが地域社会に参加する仕掛けづくりに取り組んでいます。また、「エンターテイメント・エデュケーション」という物語りと教育を融合して、知らず知らずのうちに学習を促す方法を用い、ラジオドラマを制作して青少年の性の課題に取り組んでいます。地元のFMKで放送される予定なのでお聴き逃しなく! 平成23年度の事業で、この「エンターテイメント・エデュケーション」の世界的研究者であるArvind Singhal先生を招へいしました。この先生との出会いは、私に実に多くのことをもたらしました。その中のひとつが「Positive Deviance」。日本ではまだ新しい概念ですが、「エンターテイメント・エデュケーション」と融合させて、研究・実践を進めていきたいと思っています。
  体を動かすことが好きで、趣味はジョギングです。平成23年に「人吉春風マラソン」に温泉好きの夫と参加して、ハーフマラソンを完走。とても楽しい思い出をつくることができたので、これからも県内のマラソン大会に参加していきたいと思ってます。

父母と恩師Connie(左から2番目)を京都ご案内した時の様子 ラジオドラマライターズチームの学生さんとArvindを熊本城にご案内
ライターズチーム2011年夏 時々夫と一緒にランニングに行く美里町
1.父母と恩師Connie(左から2番目)を京都ご案内した時の様子 2.ラジオドラマライターズチームの学生さんとArvindを熊本城にご案内 3.ライターズチーム2011年夏 4.時々夫と一緒にランニングに行く美里町