学内での共同研究プロジェクト

安心で、安全な地域社会の形成 熊本都市圏政策インデックス研究

中間報告書はこちら
(平成20年度版)pdf

概要

既存の行政界の枠を超えた視点で、地域政策を形成するために不可欠な政策基礎データの収集・整備を行い、それを政策的な視点から問題を整理し地図情報化な どの手法を活用して分析し視覚化することで、行政や経済団体、市民が行う政策・方針決定に資するよう、「政策インデックス」として公表する。

研究者※所属・役職は当時のものです。

代表: 円山琢也 准教授 (政策創造研究教育センター)
  上野眞也 教授 (政策創造研究教育センター)
  柿本竜治 准教授 (政策創造研究教育センター)
  溝上章志 教授 (大学院自然科学研究科)
  松尾和巳 教授 (大学院自然科学研究科)
  朝田康禎 准教授 (法学部)
  山口岳史 政策研究員 (政策創造研究教育センター)
  森顕信 政策研究員 (政策創造研究教育センター)
  山中進 教授  (熊本学園大学社会福祉学部)
  鈴木康夫  (九州東海大学総合教養部教授)
  西英子 准教授 (熊本県立大学環境共生学部)
  内田祐史 (財団法人地域流通経済研究所調査部長)
  内田安弘 (熊本県総合政策局企画課長)
  小山恭生 (熊本県地域振興部地域政策課熊本都市圏振興室)
  井本賢一 (熊本市企画財政局企画情報部企画課主幹)
  平野聖也 (熊本市企画財政局政令指定都市推進室主任主事)
  山本俊一郎 (熊本市企画財政局情報政策室主任技師)
  吉住修 (熊本市企画財政局企画情報部企画課)
  迫宗高 (熊本市企画財政局政令指定都市推進室)

プロジェクト実績

持続可能な地域社会形成
地域資源としての五高記念館の活用整備研究 H17
政令指定都市・道州制に関する研究 H17 H18 H19 H20
山間地の集落機能維持システム構築のための政策研究 H17 H18 H19 H20 H21
地方自治に関する研究 H21
公平で、効率的な社会資本の整備
土木遺産を核とした野外博物館化による街づくりに関する研究 H17 H18
白川・緑川流域圏における洪水危機管理システムの構築 H17 H18 H19
地域水害リスクマネジメントシステムの構築と実践 H20 H21
安心で、安全な地域社会の形成
公的病院、消防署の最適配置について H17 H18
有明海・八代海の生物棲息環境の評価・保全・再生 H17 H18 H19
熊本流域での水循環保全とその健全な水利用に関する研究 H19 H20 H21
熊本都市圏政策インデックス研究 H19 H20 H21
地域医療政策を担う人材養成に関する研究 H21