MOVEMENT 私たちは、いま!具体的な活動内容はこちら

産学官共同による「共創的地域マネジメント創成事業」

政策創造研究教育センターは、経済情勢や社会環境が劇的に変動する中でも、日本のあらゆる地域が豊かに存続できるようにどうするべきか、あるいはどうあるべきか、という問いに対する答えを探究しています。平成22年からの4カ年では、政策創造研究教育センターがそれまでに培ってきた産官学連携による地域マネジメント教育・研究のノウハウや成果を活かして、これらを実社会に生かす人材を育成することを目的とする地域マネジメント創成事業を推進しています。熊本大学工学部が政策創造研究教育センターの協力も得て設置した熊本中心市街地の「まちなか工房」、芦北郡芦北町の廃校を利用した「中山間地政策研究センター」を人材育成のための研究・教育拠点となる「ラボ」として位置づけ、事業全体を推進しています。ここでは、その事業に関する新しい情報を発信していきます。

  産学官共同による「共創的地域マネジメント創成事業」

4年間で目指すもの

この事業の中心は産学官連携による地域マネジメントという連携・協働のシステムの開発です。このシステムは、地域と大学の地域課題に対する目標の共有を促し、各主体の役割や主体間の社会的関心の度合い、地域づくりの進行過程や目標到達段階に応じて変化・進化します。具体的な事業は、次の6段階のステップをたどることで、目標達成に向けて展開する予定です。

4年間で目指すもの

事業の特徴

事業の特徴

産学官共同による
共創的地域マネジメント創成事業

地域を階層的にマネジメントするためのネットワーク化を図ります。
また、持続可能な生活圏域づくりのための地域マネジメントの実現を目指します。

上記の取り組みを推進するために、3つの研究テーマで文理融合的に活動を推進します。

コミュニテイエンパワーメント政策と評価に関する研究 地域マネジメントに関する組織化と人材育成研究 エンパワーメント技術開発研究

具体的な活動内容はこちら